スポンサーリンク

2019年さようなら、2020年 明けましておめでとう!

 

2020年、明けましておめでとうございます。

この記事は2019年に少しづつ書き溜めていた記事を寄せ集めて年明けの予約投稿にしました。

記事にするには文字量が少ないけど、だからといって削除してしまうのはもったいないと思いここに詰め込んだ次第。

頭に浮かんだ思考の断片をつらつらと述べていきます。

スポンサーリンク

ひとりぼっちでも生きていける

2年近く前に仕事を辞めて実家ニートになったことで、リアルの人間関係がきれいサッパリなくなった。

世間との接点はたまに単発のバイトをするぐらいなので、新しい人間関係なんて先ずできない。

なので、人と会話するのは(親を除けば)コンビニの店員に「これ、温めてください」って言うぐらいだ。

いや、実際のボクはコンビニだって滅多に行かないから誰とも口を利かずに終わる日がかなりある。それでも不自由なく生きてる。

 

ボクは子供の頃から友達がいなかったけど、それで生きて行けなくなったことなんてないし、それどころか自由で良かったって思ってる。

グループに入ったりしてると、仲間うちでの「つきあい」とかに気を使わなくちゃいけないから疲れるんだよね。

で、その気遣いができない奴は村八分みたくされて場合によったらイジメのターゲットにされたりするんだから、バカバカしいったらありゃしない。

そんなの友達でも何でもないだろうに・・・誰だよ「友達は宝だ」なんて言った奴は。「縁は仇(あだ)の始まり」って方が本当だろう。

 

だからといって一匹狼なんてカッコのいいものじゃなく、それなりに友達が居たこともあるけどベッタリした関係じゃなかったな。付かず離れずといったその場だけの表面的な関係。

それでいいと思う。

人づきあいは基本的に表面的な関係でやって行く方がトラブルやストレスが少なくていい。

この2年間のニート生活を振り返ると、そう思う。

スポンサーリンク

インターネットが自分の居場所

そんなひきこもりニート生活でも楽しくやっていけてるのは、インターネットのお陰だ。

最近は昼夜逆転してて夜通しネットでアニメや映画ばかり観てる。

今もfc2でやってたコナンを観終わったところ。その前は3日ほど掛けて『ストライク・ザ・ブラッド』を観てたからアニメ三昧だ。

 

ボクは生活リズムが24hではなくて26~28hなので、少しづつ24hサイクルとズレていくから1週間おきに昼型生活と夜型生活になる。

おそらくニート生活をしてる人の多くは、こんな感じじゃないだろうか。

こういう生活をしていると自分が昼が苦手で夜との相性が良いことがわかってくる。

普通は昼に活動するのが正しくて健康にも良いらしいけど、ボクはどうも違うみたいだ。

昼に起きてると身体の調子が悪くて気分がすぐれないんだけど、夜型生活に入ると逆に調子が良くなる。

こういうのを躁転ていうのかも知れんけど、頭が冴えて、いろいろなアイデアやヤル気が出てくる。そういえばブログの更新頻度が高くなるのは大体が夜型生活の時だ。

 

アニメや映画の他にはブログ回りも楽しみ。ブログ村のランキングやツイッターから自分のアンテナに引っ掛かったブログを見に行く。

好きなのは色の強いブログ。色が強いってのはそのブログ主の人間性が強く感じられる文章ってことね。(つまり個性的ってことです)

常識や建前の枠を逸脱してればしてるほどイイ。

普段人前では口にしないけど、心の奥底で渦巻いてるネガティブな感情やちょっぴり恥ずかしい趣味嗜好。そういう心の声を飾りっけなく表現してるブログが大好き。

スポンサーリンク

人生に目的とか生き甲斐なんて要らない

見出しの通りなんだけど、人生の目的とか生き甲斐なんて要らないって思う。30代の途中ぐらいまではそういう意識高い系の考えがあったんだけど、今は全然だよ。

そういう生きる目的とかいう哲学的な考えって、人生を息苦しくするって言うか幅を狭めるだけなんじゃないかって思うようになった。

今こうやってダラダラとニート生活をしてるんだけど、人生の目的とか生きる意味なんてもちろん考えてない。

それでも満足してる。

意識高い系の考えを持ってた若いころに比べて、今の方が自分的には幸福感が高い。

そもそもボクが鬱持ちになったのは高すぎる規範意識や神経症的な完全主義が原因だった。

あのままパーフェクトな人生を目指して頑張り続けてたら、今頃ボクは生きていないだろう。

 

もちろん能力があって性格がそういうのに向いてる人が、社会的な成功を目指すのは構わない。どんどんやってくれればいい。

でも、ボクみたく向いてない人間はそんな生き方をしてたら不幸になる。ダラダラ生きた方がいい人間はダラダラ生きれば良い。

たとえば・・・あ、そろそろ初詣に行かなきゃいけないから続きはまた今度。

こういうユルさが生きていく上で意外と大切なわけですよ。笑

※ダラダラ人間におすすめの心に残った本ベスト3↓↓↓

コメント

  1. ニート7 より:

    あけおめです。
    はてなの頃からファンです。
    今年も含蓄あるブログを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました