スポンサーリンク

「小さな幸せ」を読んで

ついさっき布団に入る前に知り合いのサイトをチラ見しに行った。もしかしたら新記事が上がってないかと思って。

その人はクオリティの高い記事を月に数本だけ投稿するスタイルなので、1本1本が待ち遠しい。

日々の私生活の記録に自分の意見を挟んだり、挟まなかったり・・・

文章の作り方もインターネット(ブログ)初期のテキスト中心時代のそれで、どことなく懐かしさを感じる。

文字装飾やら画像・動画の埋め込みなどでカラフルになっている今のブログとは違い、10年以上前のネットにはテキスト(文字)だけでサイトを作る文化みたいなものがあった。(と思う)

これまでの人生を回想しながらの哲学的な記事だったんだけど、それがボクのストライクゾーンど真ん中だった。

切ない文章がボクの琴線にバチンと響いてね、眠気が吹き飛んだボクも1本書きたくなったんだ。

高校生ぐらいから自分が周囲の人々とは違うことを意識し始めて、大学時代には孤独を愛するようになったと書いてあったんだけど、まさにボクもそうだった。

わかるなー、痛いほどよくわかる。流行のTVドラマや笑いのツボがどこかズレてる。クラスメイトと感覚が合わないんだよ。

大学を出てからは派遣やアルバイトなどの非正規でやりくりしてたことやニートになったところも自分の人生とオーバーラップする。

ただ違うのは、そのブログ主は外国に行ったことがあったり、有名なベンチャー企業の創業期に関わっていたことがあったりと普通ではない経歴を持っている点だ。

そこは日本の片田舎で実家に引きこもりっぱなしのボクとは異なる。

そのブログ主は現在の自分を「確かに他人から見れば俺の人生は不幸だろうし、俺も自分の人生はどうですか?と問われたら不幸だと答える」としながらも日々の生活の中にある「小さな幸せ」を大事にして生きていると結んでる。

ここにボクは強く共感したし、また同じ気持ちを持っている。

世間からは笑われるような人生かも知れないけど、ボクは今の生活の中にある一つ一つの小さな幸せを大事にしながら毎日を送るのが楽しい。

文章の合間合間に本人の体験を基にした人生哲学が散りばめられている名文でした。特にラストのパンドラの箱のくだりは様になってたなあ。

是非、おすすめです。

小さな幸せ

http://tysabre.arrow.jp/will/2020-02-19/06-16-02

コメント

  1. 匿名 より:

    リンク先の元記事読みました。
    情感のある良いブログだった。

タイトルとURLをコピーしました